薄毛の薬の選び方

OFF

育毛剤などの薄毛に効果のあるヘアケア商品は様々なメーカーから販売されています。

それらは頭皮を殺菌する成分や、頭皮の細胞を活性化したり、頭皮の血行を促進させる働きがあります。

こういった成分を複数ふくませることで、薄毛になっている原因を解決し、発毛・育毛を促すものなのです。

自分の髪の毛の状態をよく見て製品を選びましょう。

まず発毛促進成分ですが、2つの種類にわけられます。

その種類とは、カルプロニウム塩化物水和物とミノキシジルです。

カルプロニウム塩化物水和物とは、頭皮に着けることで吸収をし、血管を拡張します。

そうすることで血液の循環がよくなり、毛根の細胞の働きがよくなります。

結果発毛を促すということになります。

ミノキシジルは、毛根に作用します。

小さくなった毛根を直し、脱毛が進行してしまうことを止めます。

結果発毛や育毛を促します。

また、脂質除去成分のカシュウチンキという成分もあります。

この成分は、頭皮にある皮脂を抑制してくれる働きがあります。

成分はこれだけではありません。

毛髪刺激成分のチクセツニンジンチンキは、毛根にある細胞を刺激して、働きを促します。

抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミン塩酸塩は、頭皮がかゆくなる原因を抑えてくれます。

更にビタミン成分の含まれた育毛剤も存在します。

それは、パントテニールエチルエーテルとトコフェロール酢酸エステルの2種類でがあります。

パントテニールエチルエーテルは、パントテン酸誘導体といって、毛根に栄養を与え健全な頭皮にします。

トコフェロール酢酸エステルは皮脂が酸化してしまうことを防止します。

▼薄毛のことなら脇坂クリニック大阪